朝早く出勤して、帰るのは深夜前後、というサラリーマンは少なくありません。

「こんな生活、いつまで続くんだろう。今は体力があるからいいけど…」

と、将来に漠然とした不安があるあなた、副業を始めてはいかがでしょうか。

今のお勤めを辞める必要はありません。

「副業っていっても、寝るためだけに、家に帰っているような生活だから、そんな時間は無いなあ」

確かに、それでは時間は無いかもしれません。

でも、あなたがやることを誰かに委託できれば、時間が無くても、何とかなるのではないでしょうか。

そこで、おすすめする副業が「アパート投資」

です。

アパートなどの賃貸物件は、面倒な仕事を代行してくれる業者が存在しますので、時間のないあなたでも何とかなります。

アパート投資は、ざっくり言うと、「アパートを1棟購入して、その家賃収入を受け取る」

ものです。

「でも、アパート1棟買うんでしょ。高いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、そこは、けっこう意外だったりするのです。

もし、あなたがローンを組んで中古アパートを購入したとしましょう。

そこに入居者がいたとしたらどうでしょうか。

その人たちの家賃が付いてきませんか。

それと、あなたのローンの返済額を調整すれば、負担は軽くなります。

やりようによっては、毎月の家賃収入のほうが月々のローンより多くなって、プラス収入になるかもしれません。

「アパート投資って、悪くない!」

そう思われた方は、こちらのサイトを参考にご覧ください。

アパート投資を考えるなら必見のサイトです

いろいろな情報が載っているサイトで、アパート投資に成功した先輩のレポートは必見です。

さて、アパート投資には「定年後の高齢者が、給料がもらえなくなってから始めるもの」

というイメージがありますが、在職中に始めるのも十分アリ、だと思います。

定年者の収入は、年金とパートタイマーの賃金ぐらいで、現役のころより多くありません。

多くないところに、不幸にしてアパート経営が不調だと、生活が厳しくなることが想定されます。

でも、在職中であれば、不調な分をボーナスなどで補えるので、リスクに対抗できるのです。